ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

まちの紹介

更谷 喜延(さらたに よしのぶ)

更谷 喜延天保12年(1841)~大正11年(1922)

十津川郷内原で出生。明治22年(1889)十津川村花園村長となる。同年の大水害の後、第3回移民の取締として来道、初代移民総長に推され新十津川村の創立に尽力した。明治23年(1890)初代戸長に就任。移民誓約書を起草して移住民の団結と開墾の促進をはかり、村の基盤づくりに貢献した。明治25年(1892)戸長を辞し十津川村へ帰り、後に十津川村村長となる。81歳で死去し、村は開拓功労者として忠魂碑に合祀した。

お問い合わせ

総務課企画調整グループ
〒073-1103
北海道樺戸郡新十津川町字中央301番地1
電話 0125-76-2131
FAX:0125-76-2785

本文ここまで

ここからフッター

ページの先頭へ戻る