子育て・教育

学校における働き方改革について

新十津川町立学校における働き方改革推進計画(第2期)について

  教職員の多忙化が社会問題となっているなか、新十津川町教育委員会では、北海道教育委員会が作成した「学校における働き方改革『北海道アクションプラン(第2期)』」に基づき、町立学校において教職員が本来担うべき業務に専念できる業務改善の方向性を示した「新十津川町立学校における働き方改革推進計画(第2期)」を作成しました。
 今後は、本推進計画に基づき、学校の業務改善や教職員の働き方改革を進め、学校教育の質の向上に努めてまいりますので、ご理解とご協力をお願いします。

 新十津川町立学校における働き方改革推進計画(第2期)(PDF/277KB)

 新十津川町立学校教育職員の時間外勤務の状況について

 新十津川町教育委員会では、「新十津川町立学校における働き方改革推進計画(第2期)」において、教育職員の時間外勤務時間の目標を1か月で45時間以内、1年間で360時間以内としています。
 多くの方に教育職員の働き方改革に向けての理解を得るために、教育職員の時間外勤務の状況を公表します。なお公表は3か月ごとに年4回とします。

 令和4年度新十津川町立学校教育職員の時間外勤務の状況(4~9月分)(PDF:25KB)
 

お問い合わせ

教育委員会事務局学校教育グループ
〒073-1103
北海道樺戸郡新十津川町字中央307番地1
電話 0125-76-4233
FAX:0125-76-3223

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る