産業・まちづくり

トップページ  >  産業・まちづくり  >  産業  >  農業  >  KSAS・J-クレジット講習会の開催について

ここから本文です。

KSAS・J-クレジット講習会の開催について

 当町は、令和4年3月29日に株式会社クボタおよび株式会社北海道クボタとのスマート農業連携協定を締結しました。
 今回協定事業としてクボタの営農管理システムのKSASと温室効果ガスの削減量をクレジット化できるJ-クレジット制度の講習会を、次の日程で開催いたします。

講習会概要

・日時 令和6年6月25日(火)午前10時00分(1時間30分程度)
・会場 新十津川役場2階大会議室(新十津川町字中央301番地1)
・内容 KSASについての概要説明、操作体験およびJ-クレジットについての説明

申込方法

令和6年6月20日(木)までに下記の連絡先までお申し込みください。

KSASとは?

 KSASは農業を見える化し、作業効率や生産性の向上をサポートする営農・サービス支援システムです。
 パソコン・スマホで圃場管理や作業日誌の作成、作業の進捗確認を簡単に行うことができるため、紙の地図での圃場管理、曖昧な作業記録、情報共有漏れや作業の無駄など、農業経営のあらゆる課題をスマートに解決できます。

J-クレジットとは?

 J-クレジット制度とは、温室効果ガスの削減量を「クレジット」という換金可能な環境価値に替え、取引可能にする国の制度です。
 (株)クボタがJ-クレジット制度事務局に申請したプログラム型プロジェクトが、「水稲栽培における中干し期間の延長」方法論を用いたプロジェクトとして承認されました。
 このプロジェクトは、農業生産者が中干し期間を延長することで、削減できる温室効果ガスの量をクレジット化できます。

お問い合わせ

産業振興課
電話:0125-76-2134
FAX:0125-76-2785

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る