福祉・医療

トップページ  >  福祉・医療  >  その他  >  住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金

ここから本文です。

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金

 新型コロナウイルス感染症の影響の長期化や、原油価格・物価高騰などに直面する方々の生活を支援するため、令和4年度から新たに住民税非課税となった世帯に対して、1世帯あたり10万円を給付する臨時特別給付金事業を実施します。
 (なお、令和3年度分の非課税世帯若しくは家計急変世帯として本給付金の対象となった世帯は支給対象外です。)

給付要件

 令和3年12月10日において日本国内の市区町村の住民基本台帳に登録され、次のいずれかに該当する世帯へ支給します。
 (1)令和4年6月1日において新十津川町に住民登録があり、かつ、世帯全員の令和4年度分の
  住民税均等割が非課税の世帯(生活保護世帯も含む)
  (注)住民税が課税されている者に扶養されている方がいる世帯を除く。
 (2)令和4年1月以降、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて収入が減少し、(1)の世帯と
  同様の事情にあると認められる世帯(家計急変世帯)

給付額

 1世帯につき、10万円

手続き等

 給付要件(1)に該当する方

 (1)新十津川町より確認書を対象世帯の世帯主宛てに送付します。
 (注)確認書は、原則として住民登録の住所地に送付します。病院や施設に入院・入所など
     ご不在の場合は、転送などの手続きをお願いいたします。
     確認書は対象世帯へ送付済みです。
 (2)確認書に必要事項を記入し、返信用封筒に入れて郵送してください。
 (3)本人確認の書類と受取口座の通帳(表紙の次のページ)の写しを添付してください。
 (注)令和2年度特別定額給付金と同じ口座での受け取りを希望される方は、口座番号等の
     記入や添付書類は不要です。

 給付要件(2)に該当する方

  次のものを用意の上、役場窓口で申請してください。(申請書様式は窓口で用意しています。)
 (1)令和4年1月以降の収入が確認できる書類(給与明細等の写し)
 (2)申請・請求者本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカードなどの写し)
 (3)申請・請求者の世帯の状況を確認できる書類(戸籍謄本、住民票などの写し)
 (4)受取口座を確認できる書類(通帳やキャッシュカードの写し)

 

お問い合わせ

保健福祉課子育て・福祉グループ
電話:0125-72-2035
FAX:0125-76-2785

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る