産業・まちづくり

トップページ  >  産業・まちづくり  >  産業  >  農業  >  スマート農業技術の開発・実証プロジェクト  >  高品質・良食味米生産プロジェクト

ここから本文です。

高品質・良食味米生産プロジェクト

 令和元年から2カ年取り組んだ農林水産省「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」が終了し、令和3年度から新たに「高品質・良食味米生産プロジェクト」に取り組みます。
 

高品質・良食味米生産プロジェクト

 新十津川町は農家の皆さんが意欲的に良食味米生産に取り組んでいます。
 データに基づき高品質・良食味米生産をするため可変施肥や適正な水管理を実施し、その効果を検証するプロジェクトが「高品質・良食味米生産プロジェクト」です。

 

実証する内容

 
①圃場データを活用した可変施肥作業実証
 →食味収量コンバインデータ・リモートセンシングデータを活用した可変施肥により生育ムラの縮減

②適正な水管理による品質向上・収量増加実証
 →スマート農業技術の開発・実証プロジェクトで開発した適正な水管理ソフトウェアを活用した水管理を実施し、品質向上、収量増加の効果を検証
 →IIJ社の水田センサーと笑農和社の自動給水装置パディッチを活用し、スマートフォンによる遠隔水管理による水管理作業の超省力化を実証

③圃場データ収集・分析実証
 →食味収量コンバインにより圃場内のタンパク値・収量のムラを把握し、翌期の施肥改善を実証
 →リモートセンシング用ドローンにより幼穂形成期、出穂期、登熟期の生育データを収集・分析する。 

 

参加するメンバー

 町内花月地区の白石農園を実証農場に「新十津川町スマート農業実証コンソーシアム」を設立し、次の団体が中心に取り組みます。
  • 新十津川町
  • ピンネ農業協同組合
  • 空知農業改良普及センター中空知支所
  • 新十津川土地改良区
  • 一般財団法人 ピンネ農業公社
  • 株式会社 北海道クボタ
  • 白石農園
(注意)スマート農業技術の開発・実証プロジェクトと同じメンバー



 この事業はサマージャンボ宝くじの収益金を活用して実施しています。
 公益財団法人北海道市町村振興協会「先駆的調査・実証プロジェクト」により実施します。

 

お問い合わせ

産業振興課農林畜産グループ
電話:0125-76-2134
FAX:0125-76-2785

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る