まちの紹介

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ホーム  >  観光  >  まちの紹介  >  歴史  >  人物伝  >  西村 直一(にしむら なおいち)

西村 直一(にしむら なおいち)

西村 直一元治元年(1864)~昭和10年(1935)

西村皓平の長男として南十津川村字山手で出生。明治22年(1889)の大水害に際し、明治法律学校を中退して、十津川罹災民の北海道移住につき奔走した。移住民の出発に先立ち単独来道し、移住予定地のトック原野を踏査、更谷喜延に次いで移民総長に推された。明治29年(1896)文武館長、翌年北海道製麻株式会社製線所所長となり雁来及び栗山工場の事務を担当したが、明治31年(1898)これを辞して帰村し、以後農業と商業を営む。村会議員、産業組合理事、農会長などを歴任し、大正5年(1916)から大正11年(1922)まで7代新十津川村長、大正12年(1923)から昭和2年(1927)まで深川町長を務めた。札幌市にて71歳で死去。村は開拓功労者として忠魂碑に合祀した。

お問い合わせ

総務課企画調整グループ
電話:0125-76-2131
FAX:0125-76-2785

本文ここまで

ここからフッター

ページの先頭へ戻る