見る・学ぶ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ホーム  >  観光  >  見る・学ぶ  >  新十津川物語記念館

新十津川物語記念館

新十津川物語記念館十津川移住者の愛郷心、人間愛などが描かれた児童文学『新十津川物語』(川村たかし原作)の精神を伝えようと建てられたのが、新十津川物語記念館です。

外観は開拓当時、町の中心部にあった文武館をイメージ。数々の川村作品にふれることができる創作コーナー、NHKテレビドラマの写真パネルや原作者ゆかりの品などが飾られている展示コーナーなどで、物語の世界がいっそう広がります。

所在地

ロビー
右奥は主人公「津田フキ」の像
新十津川町字総進188番地6
(ふるさと公園内。サンヒルズ・サライ隣)

開館時間

午前10時から午後4時まで
(4/29~10/31は休まず開館)

休館日

11月1日~4月28日

入館料

個人

大人(高校生以上) 140円
小・中学生 70円

団体

大人(高校生以上) 110円
小・中学生 50円
乳児無料
*団体は10人以上です。


新十津川物語コーナー

ふるさと公園内にある
ふるさと公園内にある主人公「津田フキ」の像
新十津川物語の原稿、川村たかしプロフィール、ゆかりの地、歴史等、作品『新十津川物語』を資料で紹介します。
また、NHK制作の『新十津川物語』のダイジェスト版をVTRで上映するほか、ロケで使用した道具・衣装類・ドラマ撮影風景パネル等が展示されています。
川村たかしプロフィール
川村たかしプロフィール

館内 ドラマ撮影風景パネル
ドラマ撮影風景パネル
風景パネル
風景パネル
撮影衣裳の展示
撮影衣裳の展示
撮影衣裳
撮影衣裳

映像コーナー

映像コーナー NHKドラマ『新十津川物語』のダイジェスト版がご覧いただけます(38分)。

創作コーナー

創作コーナー 川村たかし作品の数々にふれることができます。読んだり見たりした作品のイメージをぬり絵にあらわすこともできます。

『新十津川物語』とは…

新十津川物語この物語は、明治22年8月、奈良県吉野郡十津川郷を襲った集中豪雨から始まります。

吉野・紀伊山系の山ひだ深く、降り始めた雨は三日二夜。
天地の闇は、うわさに聞く地中の暗に変わらず、間断なく桶の水をぶちまけるかの如く、時にはまた、千本の細引きが山々、谷々にたれこめるかの如く降りつづき、やがて大崩落を引き起こした。人は、山津波、山抜け、山潮等々とよんだ。
縦横50間を超える大崩れ1,080、以下の山崩れ7,500。死者168人。
こうして 600家族2,489人は、はるばると北海道をめざす苦難の旅に出る。
著者 川村たかし

全10巻。1978年から88年にかけて偕成社から出版された。858人の人物が登場する大河小説です。産経児童出版文化賞大賞、第29回日本児童文学者協会賞を受賞。

お問い合わせ

新十津川物語記念館
電話:0125-76-2995

産業振興課商工観光グループ
電話:0125-76-2134
FAX:0125-76-2785

本文ここまで

ここからフッター

ページの先頭へ戻る