見る・学ぶ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ホーム  >  観光  >  見る・学ぶ  >  袋地沼

袋地沼

ピンネシリと白鳥 長い北海道の冬の終わりを告げるように白鳥が飛来するのは、弥生3月に入ってから。本州の湖沼で冬を越し、遠いシベリアを目指します。袋地沼は長旅の大切な休息地となっています。
遠くに見えるのは、新十津川町のシンボル的な山「ピンネシリ」です。
白鳥に餌をあげている 白鳥を見に多くの人が訪れます。パンくずなどの餌を持参して、与える姿も多く見受けられます。
もみをついばむ白鳥 白鳥は雪解けが進んだ水田で、秋の収穫でこぼれたモミをついばんでいます。
白鳥 袋地沼とは…。
北海道一の大河「石狩川」の湾曲部分が、明治時代、川の氾濫によって自然に短絡してできた三日月湖。その後、治水計画に基づき、昭和16年から新水路が掘削され、現在に至っています。

お問い合わせ

産業振興課商工観光グループ
電話:0125-76-2134
FAX:0125-76-2785

本文ここまで

ここからフッター

ページの先頭へ戻る