子育て支援

ホーム  >  移住・定住  >  子育て支援  >  子ども医療費助成(高校生までの医療費を無料に)

子ども医療費助成(高校生までの医療費を無料に)

子ども医療費助成制度は、お子さんが病院等で診療を受けたときの保険診療に係る医療費を助成するものです。助成を受けるためには、受給者証の交付申請が必要です。
これまで中学生までの医療費の全額を助成していましたが、平成28年8月診療分から対象を高校生まで拡大しています。
 

対象になる方

高校生までのお子さん(高校生もしくは満18歳に達する日以後の最初の3月31日まで)
 
 

医療機関を受診するとき


医療機関を受診するときは、保険証または組合員証に乳幼児等医療費受給者証を添えて窓口で提示することにより、助成を受けることができます。ただし、道外の医療機関や次の国民健康保険組合以外の国民健康保険組合に加入している方は、一旦、医療費の2割または3割を支払い、町に払戻しの申請をしてください。
  • 北海道歯科医師国民健康保険組合
  • 北海道薬剤師国民健康保険組合
  • 北海道医師国民健康保険組合
  • 北海道建設国民健康保険組合
  • 全国土木建築国民健康保険組合
  • 全国建設工事業国民健康保険組合
 

受給者証の交付申請に必要なもの

  • 健康保険証
  • 印鑑
  • 世帯全員の課税証明書又は非課税証明書(1月2日以降に新十津川町に転入した方のみ)
 

重度心身障害者医療、または、ひとり親家庭等医療助成制度の助成対象の方

子ども医療費助成制度の助成対象となるお子さんで、重度心身障害者医療費助成制度、または、ひとり親家庭等医療費助成制度の助成対象となる方については、子ども医療費受給者証を交付することはできませんのでご注意ください。
 

払戻しの申請

医療費を支払ったときは、次のものを持参のうえ払戻しの申請をしてください。
  • 医療機関が発行した領収書
  • 健康保険証
  • 子ども医療費受給者証
  • 印鑑
  • 振込先のわかるもの(通帳など)
 

学校内での事故やけがによる医療費請求について

小学生・中学生の学校内でのけが等の医療費は、日本スポーツ振興共済保険の適用となる場合がありますので、医療機関等に医療受給者証を提示せずに、いったん医療機関等窓口での支払をお願いします。後日、学校を通じて請求していただき、日本スポーツ振興共済保険として給付されます。

お問い合わせ

住民課戸籍保険グループ
電話:0125-76-2130
FAX:0125-76-2785

わたしたちにご相談ください

新十津川町移住サポート窓口

0125-76-2131

本文ここまで

ここからフッター

ページの先頭へ戻る