福祉・医療

海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)について

 海外渡航予定がある方へ、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の事実を公的に証明する接種証明書(ワクチンパスポート)を交付します。

(注)本証明書は、現に海外渡航の予定がある方のみが交付対象です。
(注)海外渡航予定がない方の予防接種の証明は、接種券に添付されている予防接種済証(接種会場で接種時にシール貼付)により行いますので、接種後は大切に保管してください。


受付開始日

 令和3年7月26日(月)

対象者

  • 発行日時点で具体的に海外渡航の予定がある方
  • 有効期限内のパスポートを提示できる方
  • 新十津川町が発行する接種券でワクチンを接種した方

申請・発行方法

(注)発行できるのは、本町に住民票がある期間に行った接種情報分のみです。
   例えば「1回目は新十津川町在住時に接種したが、2回目は転出先の市町村で接種した」場合
   本町で発行できる証明書は「1回目の接種分のみ」です。
   この場合、2回目の接種分の証明は、接種した市町村に申請してください。
(注)本町に住民票があるが、接種は住所地外届出をして居住地の市町村で行った場合
   2回分とも新十津川町で証明書を発行することになります。
   住民票のない居住地での証明書発行はできません。

申請方法

 窓口、郵送にてお受け付けします。次の書類をご用意いただき、申請してください。
必須提出書類 手続きの別 備考
交付申請書(委任状付き) 窓口・郵送 様式ダウンロード(ExcelPDF
旅券(パスポート)の写し 窓口・郵送
接種券(接種済証)または接種記録書の写し 窓口・郵送 本町発行の接種券
本人確認書類の写し 郵送 氏名と返送先住所が記載された物
(運転免許証、個人番号カードなど)
住所の記載のない保険証は使用不可
返信用封筒 郵送 切手を貼付し
本人確認書類と同一の住所を記載

​​​​​​旅券に旧姓・別姓・別名などの記載がある場合

 必須提出書類に加えて、旧姓・別姓・別名などが確認できる書類の写しを添付してください。
 (例)旧姓併記のマイナンバーカード、海外の旅券 など

申請者が代理人の場合

 必須提出書類に加えて、顔写真付き身分証明書次の証明書類が必要となります。
法定代理人 証明書類
未成年の親権者 戸籍謄本、または続柄記載の住民票(発行から3ヵ月以内)
未成年後見人 未成年者本人の戸籍謄抄本(発行から3ヵ月以内)
成年後見人 後見登記等に関する法律第10条に規定する登記証明書
 
任意代理人 証明書類
法定代理人以外の方 委任状(交付申請書様式のデータに添付しています)

提出先

 073-1103
  北海道樺戸郡新十津川町字中央307番地1
   総合健康福祉センターゆめりあ 保健福祉課健康推進グループ

発行方法

 窓口、郵送でお返しします。
 (注)窓口で申請いただいても、即日発行とならない場合もあります。ご了承ください。
 (注)郵送の場合、申請書類の到達から3日程度での発送を予定(混雑状況により多少日数が
    かかります)

関連リンク

お問い合わせ

保健福祉課健康推進グループ
〒073-1103
北海道樺戸郡新十津川町字中央307番地1
電話 0125-72-2000
FAX:0125-72-2006

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る