暮らし

新型コロナウイルス感染症対策について

冬の感染拡大防止に向けて

 気温の低下や積雪の季節を迎え、屋内で暖房や窓を閉めた活動が増えます。
また、社会経済活動も活発となることから、感染拡大を回避するために、基本的な感染防止行動を実践しましょう

 

【感染拡大回避にむけた行動】

<日常生活>

 「三つの密(密閉・密集・密接)」の回避や「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」、 「手洗いなどの手指消毒」をはじめとした基本的な感染防止行動を実践しましょう。 特に、「換気」など屋内での感染防止行動を実践しましょう。

<外出>

 発熱や咳など体調が悪い場合には外出を控えましょう。

<飲食>

 飲食の際は、北海道飲食店感染防止対策認証店など、感染防止を徹底している飲食店などを選び、短時間で、深酒をせず、大声を出さず、会話の時はマスクを着用するなど、感染リスクを回避しましょう。
 特に、大人数の飲食の際は、より一層注意しましょう。

<職場内>

 業種別ガイドラインを確認し、感染防止に取り組みましょう。
 職場においては、特に「休憩室」、「喫煙室」などにおける感染防止に取り組みましょう。

 

お問い合わせ

保健福祉課健康推進グループ
〒073-1103
北海道樺戸郡新十津川町字中央307番地1
電話 0125-72-2000
FAX:0125-72-2006

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る