福祉・医療

新しい生活様式の実践例について

新しい生活様式の実践例について

 新型コロナウイルス感染症専門家会議での提言を踏まえ、新型コロナウイルス感染症を予防するための日常生活の実践例が示されました。
 新型コロナウイルス感染症は、無症状や軽症の人であっても、他の人に感染を広げる例があります。新型コロナウイルス感染症対策には、自らを感染から守るだけではなく、自らが周囲に感染を拡大させないことが不可欠です。
 「新しい生活様式」を心がけることで、新型コロナウイルス感染症をはじめとする各種の感染症の拡大を防ぐことができ、ご自身のみならず、大事な家族や友人、隣人の命を守ることにつながります。
 「新しい生活様式」を日常生活の中に取り入れ、感染予防を行いましょう。

 
(出典:厚生労働省ホームページ)

お問い合わせ

保健福祉課健康推進グループ
〒073-1103
北海道樺戸郡新十津川町字中央307番地1
電話 0125-72-2000
FAX:0125-72-2006

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る