福祉・医療

トップページ  >  福祉・医療  >  健康づくり  >  新型コロナウイルス  >  新型コロナウイルス感染症の療養終了後も続く症状(いわゆる後遺症)について

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の療養終了後も続く症状(いわゆる後遺症)について

新型コロナウイルス感染症の療養終了後も続く症状(いわゆる後遺症)について

 新型コロナウイルス感染症の感染者のうち、療養終了後も倦怠感や呼吸器症状、味覚・嗅覚障がいなどの症状が現れ、長引く場合があります。
 このような後遺症は、若い世代や無症状の感染者にもみられるほか、症状によっては、職場復帰などに支障をきたすなど、生活の質の低下につながっている方も少なくありません。
 療養終了後も症状が続く場合は、ご相談ください。

【相談先】

●北海道コロナウイルス感染症健康相談センター
 (24時間相談窓口)0120-501-507(フリーコール)
●滝川保健所
 (平日8時45分~17時30分)
0125-24-6201

詳細は、下記をご覧ください。
 
北海道公式ホームページ

お問い合わせ

保健福祉課健康推進グループ
電話:0125-72-2000
FAX:0125-72-2006

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る