産業・まちづくり

トップページ  >  産業・まちづくり  >  産業  >  農業  >  スマート農業技術の開発・実証プロジェクト  >  自動運転・食味収量コンバインデモンストレーションを実施します。

ここから本文です。

自動運転・食味収量コンバインデモンストレーションを実施します。

 農林水産省の新規事業「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」に、平成31年度(令和元年度)から2年間にわたり実証事業に取り組みます。
 10月7日(月)に本プロジェクトの実証農場である白石農園で、自動運転・食味収量コンバインのデモンストレーションを実施します。

デモンストレーション概要

 日時 令和元年10月7日(月) 11時30分
 場所 白石農園(新十津川町字花月1515番地1)
 雨天時 翌日に延期(再延期の場合も同じく翌日での開催)





 本実証事業は農林水産省「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト(課題番号:大A01、課題名:高品質・良食味米生産を目指す家族経営型スマート農業一貫体系の実証)」(事業主体:国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構)の支援により実施します。

お問い合わせ

産業振興課農林畜産グループ
電話:0125-76-2134
FAX:0125-76-2785

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る