産業・まちづくり

トップページ  >  産業・まちづくり  >  産業  >  農業  >  スマート農業技術の開発・実証プロジェクト  >  しんとつかわふるさとまつりでスマート農業PRブースを開設しました

ここから本文です。

しんとつかわふるさとまつりでスマート農業PRブースを開設しました

 農林水産省の新規事業「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」に、平成31年度(令和元年度)から2年間にわたり実証事業に取り組みます。
 7月28日(日)に新十津川ふるさと公園イベント広場で第33回しんとつかわふるさとまつりが開催されました。新十津川町最大のイベントであり、本町のスマート農業プロジェクトを広く普及する機会であるため、スマート農業PRブースを開設し実証活動のPR動画を上映するほか、現在実証しているスマート農業機械の見学や体験などを行いました。
 スマート農業PRブースには、合計約300人の方が来場しました。
 

スマート農業プロジェクトPRブース

 新十津川町内最大のイベントでスマート農業プロジェクトを広く普及させるために、PRブースを設置しました。
 ブース内では、スマート農業プロジェクトのパンフレットの配布、活動PR動画の上映や、新十津川町のゆるキャラ「とつかわこめぞー」がトラクターに乗っているイラストがプリントされた、農業版こめぞーポロシャツをふるさとまつりで先行販売するなど、スマート農業プロジェクトのPRを行いました。

 スマート農業PRブースの写真

  

ロボットトラクターデモンストレーション見学

   本町のスマート農業の取組を実際に見てもらうために、ロボットトラクターのデモンストレーション見学を午前10時30分からと午後1時20分からの2回に分けて行い、合計約100人が見学に来ました。
 
 ロボットトラクターのデモンストレーションを見学する来場者 

  
 

ラジコン草刈機運転体験・農薬散布用ドローン展示

 スマート農業プロジェクトで実証しているスマート農業機械をより身近に体験してもらうために、ラジコン草刈機の運転体験を行い、約30人がラジコン草刈機の体験をしました。
 農薬散布用のドローンの展示も同時に行いました。

 ラジコン草刈機の運転体験をする子ども



 本実証事業は農林水産省「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト(課題番号:大A01、課題名:高品質・良食味米生産を目指す家族経営型スマート農業一貫体系の実証)」(事業主体:国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構)の支援により実施します。

お問い合わせ

産業振興課農林畜産グループ
電話:0125-76-2134
FAX:0125-76-2785

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る