産業・まちづくり

トップページ  >  産業・まちづくり  >  産業  >  農業  >  スマート農業技術の開発・実証プロジェクト  >  スマート農業技術の開発・実証プロジェクトに取り組みます

ここから本文です。

スマート農業技術の開発・実証プロジェクトに取り組みます

 本町のスマート農業の技術提案が農林水産省の新規事業「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」に採択され、今年度から2年間にわたり実証事業に取り組みます。
 この実証事業において、本町は「高品質・良食味米生産を目指す家族経営型スマート農業一貫体系の実証」を実証課題として取り組みます。
 

スマート農業って何?

 ロボットやコンピュータなどの先端技術を活用し、労力の省力化や収量の増加を目指す新たな農業のことです。
 本町では、平成30年度から走行を自動補助するGPS機能付き田植え機の導入補助を始めるなど、スマート農業を推進しています。

 

実証する内容

 自動運転トラクターやラジコン草刈り機などの最先端のスマート農業技術の一貫体系を実証します。
 農業経営が大規模化する中、高齢化や労働力不足などの課題があり、その解決策として最先端のスマート農業技術を導入し、播種・耕起から収穫・出荷まで全ての作業においてプロの農家の優れた技術をデータ化し、若く経験の浅い担い手農家も活用できるスマート農業技術体系の確立を目指します。

 新十津川町スマート農業技術の開発・実証プロジェクトパンフレットはこちら(PDF/2.15MB)

 

参加するメンバー

 町内花月地区の白石農園を実証農場に「新十津川町スマート農業実証コンソーシアム」を設立し、次の団体が中心に取り組みます。
  • 新十津川町
  • ピンネ農業協同組合
  • 空知農業改良普及センター中空知支所
  • 新十津川土地改良区
  • 一般財団法人 ピンネ農業公社
  • 株式会社 北海道クボタ
  • 白石農園

実証するスマート農業機械

 次のスマート農業機械を利用し、スマート農業技術の一貫体系を実証します。
  • 自動運転トラクター
  • 直進アシスト田植機
  • ラジコン草刈機
  • 自動給水装置
  • 水田センサー
  • 農業用ドローン
  • 自動運転アシストコンバイン  など



詳しい事業内容は農林水産省ホームページ


 本実証事業は農林水産省「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト(課題番号:大A01、課題名:高品質・良食味米生産を目指す家族経営型スマート農業一貫体系の実証)」(事業主体:国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構)の支援により実施します。

お問い合わせ

産業振興課農林畜産グループ
電話:0125-76-2134
FAX:0125-76-2785

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る