福祉・医療

トップページ  >  福祉・医療  >  健康づくり  >  食生活  >  食中毒警報発令中

ここから本文です。

食中毒警報発令中

食中毒警報(第10号)

滝川保健所より、次のとおり食中毒警報が発令されました。
 
発令日時 令和2年8月13日(木)午前9時から
解除日時 令和2年8月17日(月)午前9時まで(96時間)
発令基準 最高気温28℃以上が予想される場合


食中毒警報とは

 食中毒警報とは、食中毒の発生しやすい時期に、高い気温や湿度など次のような気象条件の場合に、保健所長が警報を発令し、一般家庭や食品関係施設などに注意を呼びかけ、食中毒の発生を未然に防ぐものです。
  1. 最高気温28℃以上が予測される場合
  2. 前2日間のそれぞれの日の最低気温が20℃以上かつ湿度が85%以上の場合
  3. 前2日間のそれぞれの日の平均気温が23℃以上かつ湿度が85%以上の場合
  4. その他、保健所長が特に必要と認める場合


食中毒に注意しましょう

 気温や湿度が上がると細菌が繁殖しやすくなり、食中毒が起こりやすくなります。
 食中毒予防の3原則をまもり、食品の取扱いに注意して、食中毒を予防しましょう。
  • つけない(清潔にする)
    調理前・食事前の手洗い、食器、まな板、ふきんなどの調理器具をよく洗い、消毒しましょう。
  • 増やさない(すぐ冷却・調理)
    食品購入後、すぐに冷凍庫や冷蔵庫に保管し、早めに調理しましょう。
  • やっつける(加熱して殺菌)
    調理するときは、食品の中心部まで十分に加熱しましょう。

お問い合わせ

保健福祉課健康推進グループ
電話:0125-72-2000
FAX:0125-72-2006

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る