産業・まちづくり

トップページ  >  産業・まちづくり  >  産業  >  畜産業  >  家畜所有者の定期報告

ここから本文です。

家畜所有者の定期報告

家畜を飼育している方は定期報告が必要です

家畜を飼っている方は、家畜の伝染性疾病の発生を予防し、また、まん延を防止するため、家畜伝染予防法第12条の4の規定に基づき、飼っている家畜の管理状況等の報告が義務付けられています。

対象となる家畜

ほ乳類: 牛、水牛、鹿、馬、めん羊、山羊、豚(ミニブタも含む)、いのしし
鳥類: 鶏(烏骨鶏、チャボ等も含む)、あひる(アイガモも含む)、うずら、きじ、だちょう、ほろほろ鳥、七面鳥
※愛玩用として飼育している場合も報告が必要になります。

報告書及び添付書類

報告書の作成

毎年2月1日時点の状況を記載してください。
飼育頭羽数が小規模所有者に該当する場合は、定期報告書の「1.基本情報」のみの記入です。
小規模所有者に該当しない場合は、定期報告書、添付書類の全ての記載が必要です。

※小規模所有者とは、飼育頭羽数が次に該当する場合です。
  • 牛、水牛及び馬: 1頭
  • 鹿、めん羊、山羊、豚、いのしし: 6頭未満
  • 鶏、あひる、うずら、きじ、ほろほろ鳥、七面鳥: 100羽未満
  • だちょう: 10羽未満

報告書の提出先

新十津川町産業振興課農林畜産グループ
※報告書は、新十津川町で取りまとめ北海道知事に報告します。

詳細についてのお問い合わせ先

空知家畜保健衛生所(岩見沢市岡山町12番37号
電話:0126-22-4212
FAX:0126-23-9676

お問い合わせ

産業振興課農林畜産グループ
電話:0125-76-2134
FAX:0125-76-2785

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る