暮らし

トップページ  >  暮らし  >  防災  >  ヒグマ情報

ここから本文です。

ヒグマ情報

ヒグマについて

新十津川町を含め北海道には多くの地域にヒグマが生息しています。人がヒグマの生息域に立入ることによるヒグマとの事故を防止するため、山菜採りや登山などで山に入る場合は十分に注意をしてください。

ヒグマ出没情報

平成29年度

  1. 平成29年4月20日
    場所 大和(福井谷)
    状況 足跡発見

平成28年度

  1. 平成28年6月15日
    場所 花月
    状況 足跡発見
  2. 平成28年6月21日
    場所 花月
    状況 足跡発見
  3. 平成28年6月28日
    場所 花月
    状況 足跡発見
  4. 平成28年7月26日
    場所 学園
    状況 糞発見
  5. 平成28年8月25日
    場所 総進
    状況 足跡発見
  6. 平成28年9月18日
    場所 学園
    状況 足跡発見
  7. 平成28年10月22日
    場所 吉野
    状況 鹿塚、糞発見

ヒグマに遭遇しないために

ヒグマの出没情報を確認しましょう。

山に入る前には新聞や関係市町村のホームページなどでヒグマ出没情報を確認しましょう。

音を出しながら歩きましょう。

なるべく、山には1人で入らないようにしましょう。ヒグマは聴覚が大変優れています。入山時は、ラジオや鈴などを付けて音を出しながらヒグマに人がいることを知らせましょう。

薄暗い時には行動しない。

ヒグマは登山道や人の踏み分け道を、日中は避けていても夜間や早朝・薄暮時には利用していることがあります。また、ヒグマの視力は人より劣っており、人がヒグマを見つけても、ヒグマは人に気づかず逃げないこともあります。夜間や早朝、濃霧や降水時など見通しの悪いときは行動を控えましょう。

ヒグマのフンや足跡を見つけたらすぐに引き返しましょう。

ゴミは必ず持ち帰りましょう。

残飯、生ゴミはヒグマにとってごちそうです。ゴミの味を覚えると、ゴミは人が持ってくるものと学習し、人に対する警戒心が薄れてきます。また、ゴミを目当てに繰り返し出てくるようになりますので、ゴミは必ず持ち帰りましょう。

お問い合わせ

産業振興課農林畜産グループ
電話:0125-76-2134
FAX:0125-76-2785

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る