暮らし

トップページ  >  暮らし  >  防災  >  ハザードマップ  >  地震防災ハザードマップ

ここから本文です。

地震防災ハザードマップ

地震防災ハザードマップは、新十津川町で発生すると考えられるもっとも揺れが大きな想定地震について、地盤情報などから計算された揺れの大きさの地域ごとの分布を表した「揺れやすさマップ」と、建築年次からのそれぞれの地域の平均的な建物被害の危険性を表した「地震危険度マップ」があります。

想定地震

北海道の調査結果を踏まえ、新十津川町への影響が大きいと想定される「十勝沖・釧路沖の地震」、「沼田-砂川付近の断層帯」による地震、「全国どこでも起こり得る直下の地震」という3つの地震の中から、もっとも揺れが大きくなる「沼田-砂川付近の断層帯」による地震を想定し、国道275号沿道の新十津川町の中心部で震度6強、山沿いの地域でも震度6弱の揺れが生じるものと推定しています。

ハザードマップ

PDF形式

地震防災ハザードマップA3版(PDF/2,423KB)

お問い合わせ

災害対策事務局
電話:0125-76-2131
FAX:0125-76-2785

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る