産業・まちづくり

トップページ  >  産業・まちづくり  >  行政改革  >  行政評価  >  各評価

ここから本文です。

各評価

本町の行政活動の体系は、行政活動の目的を達成するための基本的な方針である「政策」と、政策を実現するための具体的な方策である「施策」と、その施策を実現するための具体的な手段である「事務事業」の3つから成り立っています。この、政策、施策と事務事業について、目標を立てて、その達成状況を評価していきます。体系図

政策評価

政策評価項目は、総合計画における各主要施策の見出しを「政策」事項とし、その性格上、緊急対策的政策を除き、複数年をもってその成果を測定します。政策評価の目的は、可能な限り目標数値化し、目的達成のための期間(総合計画期間)を設定します。政策目標期間の各年度において目標到達のための進捗度を設定し、各年度において進捗度合いを検証していきます。 

施策評価

施策評価は、総合計画の主要施策の目的を達成するための行政活動に係る成果、達成度など計画進行管理の骨格を担うものです。施策評価は、その主要施策をベースとした項目について明確な目標設定を行い、その達成のために取り組んできた結果(成果)を評価します。

事務事業評価

事務事業評価は、施策を実現するための具体的手段に対する評価として位置づけられ、その目的達成のための指標を可能な限り数値化し、その成果を定量的に測定します。また、事務事業評価は、「成果重視」「職員の意識改革」「説明責任の徹底」のほか「仕事の効率化」「投入と効果のバランス感覚育成」「トータルコストの削減」「住民の期待に対する的確な対応」を図るためのツールとしても活用します。

お問い合わせ

総務課企画調整グループ
電話:0125-76-2131
FAX:0125-76-2785

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る