産業・まちづくり

トップページ  >  産業・まちづくり  >  雇用・就職  >  町職員  >  初任給、勤務時間、各種制度

ここから本文です。

初任給、勤務時間、各種制度

初任給

  平成27年4月採用者の初任給は次のとおりです。
 
区分 号給 給料月額
上級職(大学新卒) 1級25号給 174,200円
初級職(短大新卒) 1級15号給 154,800円
初級職(高校新卒) 1級5号給 142,100円
 

諸手当

項目 概要
扶養手当 配偶者・子どもなどを扶養した場合に支給
住居手当
  • 借家等に居住し、月額12,000円を超える家賃を支払っている職員に支給
  • 持ち家に居住している職員で世帯主のものに支給
通勤手当
  • 通勤のため交通機関を利用している職員に支給
  • 通勤のため自動車等を利用している職員で距離が2km以上のものに支給
期末勤勉手当 6月期、12月期に支給
管理職手当 グループ長以上の管理職に支給
寒冷地手当 11月から翌年3月まで支給
 

勤務時間、休暇等

勤務日

  原則月曜日から金曜日までの5日間で、週休日(土曜日及び日曜日)と休日(祝祭日及び年末年始(12月31日から1月5日まで))は休みです。
  ただし、場合によっては、週休日、休日にも勤務を命ぜられることがあります。(週休日の振替制度、休日の代休制度あり)
 

勤務時間

  午前8時45分から午後5時30分まで(正午から午後1時まで休憩時間)の7時間45分です。
 

休暇等

  主な休暇、休業制度は次のとおりです。
 
項目 概要
年次有給休暇 1年間で20日。翌年度に20日を限度に繰越可能
病気休暇 療養に必要な期間(90日限度)
ボランティア休暇 被災者又は障害者、高齢者等に対するボランティア活動を行う場合、1年度において5日の範囲内
結婚休暇 連続する5日の範囲内の期間
夏季休暇 6月から9月までの期間で連続3日の範囲内の期間
その他の休暇 産前産後休暇、育児休暇、配偶者出産休暇、子の看護休暇、忌引き休暇など
育児休業 子どもが3歳に達するまでの期間の範囲内
自己啓発休業 大学等への進学2年、国際貢献活動3年の範囲内
修学部分休業 1週間を通じて20時間を超えない範囲(2年以内)
※「休業」の期間は、無給です。
 

研修制度

  空知町村会が主催する基礎研修(初任者研修)、初級研修、中級研修など各種研修に派遣します。その他、自らの研修参加申し出を受け付ける自主研修制度があります。また、市町村アカデミーや自治大学校への派遣も行っています。
 

福利厚生

  採用されると、北海道市町村職員共済組合の組合員となり、短期給付事業、福祉事業等のサービスが受けられます。
  新十津川町には、職員の親睦及び相互扶助を目的とした職員互助会があり、スポーツレク、研修旅行などを行っています。また、野球、卓球、ボウリング、囲碁などのサークル活動も行っています。

お問い合わせ

総務課総務グループ
電話:0125-76-2131
FAX:0125-76-2785

町職員

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る