産業・まちづくり

トップページ  >  産業・まちづくり  >  まちづくり  >  計画  >  地域公共交通総合連携計画

ここから本文です。

地域公共交通総合連携計画

平成19年10月1日施行の『地域公共交通の活性化及び再生に関する法律』に基づき、「新十津川町地域公共交通活性化協議会」で協議を重ね、平成21年3月24日に『新十津川町地域公共交通総合連携計画』が策定されました。
今後、同計画に基づき公共交通の課題を解決し、誰もが安心して移動できる交通網の整備を目指します。

新十津川町地域公共交通総合連携計画(PDF/286KB)
新十津川町地域公共交通総合連携計画策定調査事業事後評価書(PDF/96KB)

計画策定の背景

本町の地域公共交通には、鉄道、民間路線バス、町営のスクールバスや福祉バスなどがありますが、住民の鉄道利用はほとんどなく、バスが住民生活の足となっています。
しかし、路線バスの乗客数が年々減少の傾向にあり、その維持のための町の財政負担が年々大きくなってきているほか、路線の廃止に伴う交通空白地帯も発生し始めています。
また、本町は、医療、商業、学校などをはじめとする生活に密着する各種サービスの多くを近隣の自治体に依存している状況にあり、通院・通学者を中心として、広域交通の充実が望まれています。
こういった状況を踏まえて、今後の新十津川町のあるべき地域公共交通の姿を住民や関係機関の代表の方を交えて検討を行うこととしました。

経過

  • 平成20年3月18日 新十津川町地域公共交通協議会の設立
  • 平成20年5月12日 第1回新十津川町地域公共交通協議会
    ・新十津川町地域公共交通総合連携計画策定に向けた合意形成
  • 平成20年6月27日 第2回新十津川町地域公共交通協議会
    ・住民等実態調査実施内容検討
  • 平成20年7月 住民等実態調査実施
  • 平成20年10月6日 第3回新十津川町地域公共交通協議会
    ・住民等実態調査の結果確認
    ・本町における地域公共交通の課題分析
  • 平成21年1月9日 第4回新十津川町地域公共交通協議会
    ・新十津川町地域公共交通総合連携計画の方向性確認
  • 平成21年2月24日及び3月2日 新十津川町地域公共交通総合連携計画(案)議会説明
  • 平成21年3月24日 第5回新十津川町地域公共交通協議会
    ・新十津川町地域公共交通総合連携計画決定

計画の区域

新十津川町全域

計画の基本方針

地域公共交通へのニーズや課題を踏まえ、公共交通活性化及び再生を総合的かつ一体的に推進するために、次の3つを基本方針として定めます。
  1. 日常交通面で安心できる郊外生活環境づくり
  2. 日常交通面での利便性の高さを実感できる市街地生活環境づくり
  3. 中心市街地の活性化に寄与する仕組みづくり

計画期間

平成21年度から平成25年度まで

利用者の意見反映等

  1. 協議会に以下のメンバーが参画し5回にわたって協議会で議論を実施
    • 地域公共交通利用者の代表(各地域の代表5名、老人クラブ連合会会長)
    • 地域福祉団体の代表(社会福祉協議会)
  2. 協議会に参加していない以下の団体との意見交換を実施
    • 町内民間幼稚園(園児の送迎実施)
    • 町内社会福祉法人(デイサービス事業を実施)
    • 町内医療法人(通院患者の送迎を実施)
  3. アンケート及びヒアリングの実施
    • 町民アンケート
    • 福祉バス利用者アンケート
    • スクールバス利用保護者アンケート
    • 路線バス利用者ヒアリング
    • 町内宿泊施設利用者アンケート

事後評価

新十津川町地域公共交通活性化協議会では、地域公共交通活性化・再生総合事業実施要領に基づいて、計画策定調査事業に係る事後評価を行いましたので、併せてお知らせします。

お問い合わせ

総務課企画調整グループ
新十津川町地域公共交通活性化協議会事務局
電話:0125-76-2131
FAX:0125-76-2785

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る