産業・まちづくり

トップページ  >  産業・まちづくり  >  産業  >  商工業  >  個別的労使紛争のあっせん

ここから本文です。

個別的労使紛争のあっせん

労働者個人と使用者の間のトラブルを調整します

北海道労働委員会では、道内各振興局等に設置しております中小企業労働相談所等と連携して、労働条件その他労働問題に関する個々の労働者と使用者との間の紛争(個別的労使紛争)の「あっせん」を行っています。あなたのプライバシーは守ります。どうぞお気軽にご利用ください。

個別的労使紛争の例(こんなことでお困りのときは、ご利用ください)

  • 突然、会社から懲戒処分を受けたが、理由曖昧で納得できない
  • パートで働いているが、何の説明もなく、時給を大幅に引き下げられた
  • 社長から執拗に退職の強要(いやがらせ)を受けており、我慢の限界である
  • 社員に対し、やむを得ぬ事情で配転命令を出したが、理由なく拒否し続けている

紛争解決までの基本的な流れ

紛争当事者(労働者・使用者)
↓相談
支庁等労働相談所
・相談対応(情報・助言等)
・紛争内容の整理
↓申請
労働委員会
・紛争内容等の調査
・あっせんの実施

解決

※支庁等労働相談所の相談を経由しない場合でも、内容により申請を受付けます

お問い合わせは 北海道労働委員会事務局(電話:011-204-5667)
又は中小企業労働相談所(電話:0120-81-6105)(電話:011-204-5827)まで

個別的労使紛争のあっせん(PDF/585KB)

お問い合わせ

産業振興課商工観光グループ
電話:0125-76-2134
FAX:0125-76-2785

商工業

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る