産業・まちづくり

トップページ  >  産業・まちづくり  >  産業  >  畜産業  >  新十津川牛の見処

ここから本文です。

新十津川牛の見処

学園牧場

平成15年度より国の飼料基盤活用促進事業により整備中で人工授精施設が設置されています。平成18年6月に開設しました。

概要

面積 60ha
牧区数 4牧区
最大受入頭数 200頭

預託料

畜種 単価
町内者 町外者
子牛(12カ月未満) 100円 130円
育成牛(12カ月~24カ月) 150円 180円
成牛(24カ月以上) 170円 200円
馬(2歳未満) 170円 200円
馬(2歳以上) 200円 230円
採草(10アール当) 500円 600円
学園牧場全景
学園牧場全景

開設式の模様


平成18年6月2日、町理事者、畜産農家その他関係機関の皆様とともに当牧場が安全に管理運営されること、そして放牧された牛達が元気な仔牛を生んでくれるようにと、学園牧場開設式並びに安全祈願祭が行われました。
学園牧場にて勢い良く走り出す牛達
学園牧場にて勢い良く走り出す牛達

一口メモ

新十津川の牧場に放牧されている牛のほとんどが繁殖牛と呼ばれる母牛です。その理由として、母牛を運動させることにより、妊娠しやすくなるためです。放牧された牛は生産者の元で元気な子供を生んでいます。

お問い合わせ

産業振興課農林畜産グループ
電話:0125-76-2134
FAX:0125-76-2785

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る