子育て・教育

トップページ  >  子育て・教育  >  改善センター  >  農村環境改善センター

ここから本文です。

農村環境改善センター

施設概要

改善センター
所在 新十津川町字中央306番地3
竣工 昭和57年10月
面積 2,072平方メートル
構造 鉄筋コンクリート造一部2階建
開館時間 午前9時~午後9時
閉館日 12月30日~翌年1月5日
 

使用料

新十津川町農村環境改善センター基本使用料(単位:円)
区分 9時から21時まで 左記以外
(1時間当たり) (1時間当たり)
町内者 町外者 町内者 町外者
室名 (高校生以上) (高校生以上)
多目的ホール 1,400 2,800 2,800 5,600
ステージ 150 300 300 600
展示場 100 200 200 400
サロン 250 500 500 1,000
会議室 1階和室 200 400 400 800
2階和室 250 500 500 1,000
2階洋室 250 500 500 1,000
研修室 250 500 500 1,000
 

備考

  • 中学生以下の町民は、無料とする。
  • 町内者とは、新十津川町内に住所を有する者又は本町に事務所を有する法人その他の団体をいい、町外者とは、町内者以外の者をいう。
  • 不特定の者を対象として、入場料、会費その他これらに類する金銭(以下「入場料等」という。)を徴収して使用する場合の1時間当たりの使用料の額は、次の各号の入場料等の額の区分に応じて当該各号に定める額を基本使用料に加算した額とする。この場合において、入場料等が500円以下のものについては、加算しない。
    1. 501円以上1,000円以下 基本使用料の30パーセントの額
    2. 1,001円以上3,000円以下 基本使用料の50パーセントの額
    3. 3,001円以上 基本使用料の80パーセントの額
  • 宣伝、展示、即売会その他これらに類する商業活動のために使用する場合の1時間当たりの使用料の額は、次の各号の区分に応じて当該各号に定める額を基本使用料に加算した額とする。
    1. 入場料等を徴収するとき。 前項の規定により算出した額の50パーセント(町外者にあっては200パーセント)の額
    2. 入場料等を徴収しないとき。 基本使用料の50パーセント(町外者にあっては200パーセント)の額
  • 1階和室、2階和室及び2階洋室の使用について、間仕切りで区切ってそのどちらか一方を使用する場合の1時間当たりの使用料の額は、半額とする。
  • 使用時間に1時間未満の端数が生じたときは、これを1時間とみなして使用料の額を算出する。
  • 使用のための準備及び原状回復に要する時間は、使用時間に含む。
  • 冷房設備を使用する場合及び冬期間(11月1日から翌年4月30日まで)の使料の額は、冷暖房料として基本使用料の20パーセントの額を加算した額とする。
  • 改善センター附属設備の1回当たりの使用料は、次のとおりとする。
    1. 簡易音響設備一式 2,400円
    2. 舞台音響設備一式 8,400円
    3. 舞台照明設備一式 8,400円
  • 10使用料の額には、消費税及び地方消費税の合計額に相当する額(消費税法(昭和63年法律第108号)第28条第1項及び第29条の規定により算出される額並びに地方税法(昭和25年法律第226号)第72条の82及び第72条の83の規定により算出される額を合わせた額をいう。)を含む。
 

使用について

お問い合わせ

教育委員会事務局社会教育グループ
電話:0125-76-4233
FAX:0125-76-3223

改善センター

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る