福祉・医療

トップページ  >  福祉・医療  >  国民健康保険  >  医療費  >  手術や入院をすることになったら

ここから本文です。

手術や入院をすることになったら

住民税非課税世帯に属する方は、医療機関に入院したときに支払う食事代等が減額になります。そのためには、役場窓口に申請し、「減額認定証」の交付を受けてください。

入院時の食事代

区分 1食につき
住民税課税世帯に属する方 260円
住民税非課税世帯に属する方 過去1年間の入院日数が90日以下 210円
過去1年間の入院日数が91日以上 160円
所得が一定基準に満たない70歳以上の方 100円

療養病床に入院する65歳以上の方の食事代および居住費

区分 金額
住民税課税世帯に属する方 入院時生活療養(1)を算定している医療機関に入院している方 食事代 460円/食
居住費 320円/日
入院時生活療養(2)を算定している医療機関に入院している方 食事代 420円/食
居住費 320円/日
住民税非課税世帯に属する方 低所得2 食事代 210円/食
居住費 320円/日
低所得1 食事代 130円/食
居住費 320円/日
低所得1の方で老齢福祉年金を受給している方 食事代 100円/食
居住費 0円/日

●難病等入院医療の必要性の高い方は、入院時の食事代の区分により食事代のみの負担となります。

○低所得2とは
同一世帯の国保加入者全員と世帯主が住民税非課税世帯の方

○低所得1とは
同一世帯の国保加入者全員と世帯主が住民税非課税で、かつ各種収入等から必要経費・控除を
差し引いた所得が0円となる世帯の方(年金所得の控除額は80万円として計算)

申請に必要なもの

  • 印鑑
  • 保険証
  • 90日を超える入院のときは、超えたことがわかるもの(医療機関の領収書等)、すでにお持ちの減額認定証

<有効期間>
申請した日の属する月の初日から翌年7月末日まで。ただし、交付申請が1月から7月までのときは、その年の7月末日となります。

お問い合わせ

住民課戸籍保険グループ
電話:0125-76-2130
FAX:0125-76-2785

医療費

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る