福祉・医療

トップページ  >  福祉・医療  >  国民健康保険  >  国保の給付

ここから本文です。

国保の給付

国保の加入者は、次のサービスが受けられます。

病院などの窓口で保険証等を提示すると給付が受けられるもの

  • 診察
  • 治療
  • 薬や注射などの処置
  • 入院及び看護
  • 在宅療養(かかりつけの医師による訪問診療)及び看護
  • 訪問看護(医師の指示による)

年齢によって自己負担割合が異なります

義務教育就学前 2割負担
小学生から70歳未満 3割負担
 70歳以上 2割負担(昭和19年4月1日までに生まれた方は1割)
3割負担(一定所得以上)

いったん全額自己負担してから、申請により保険給付分が戻ってくるもの

旅行などで急病になり、保険証を持たずに診療を受けたとき

<必要なもの>
  • 診療内容の明細書
  • 領収書
  • 印鑑
  • 世帯主の預金口座のわかるもの

コルセットなどの補装具代がかかったとき

<必要なもの>
  • 医師の診断書
  • 領収書
  • 印鑑
  • 世帯主の預金口座のわかるもの

骨折やねんざなどで国保を取り扱っていない柔道整復師にかかったとき

<必要なもの>
  • 施術内容が明細な領収書
  • 印鑑
  • 世帯主の預金口座のわかるもの

治療上必要なはり・灸マッサージを受けたとき

<必要なもの>
  • 医師の同意書
  • 診療内容がわかる明細書
  • 領収書
  • 印鑑
  • 世帯主の預金口座のわかるもの

手術などで輸血したときの生血代(第三者に限る)

<必要なもの>
  • 医師の診断書
  • 輸血用生血液受領証明書
  • 血液提供者の領収書
  • 印鑑
  • 世帯主の預金口座のわかるもの

海外旅行中にお医者さんにかかったとき

<必要なもの>
  • 診察内容がわかる書類と明細な領収書(ともに外国語の場合は日本語の翻訳文が必要)
  • 印鑑
  • 世帯主の預金口座のわかるもの

出産育児一時金の支給

国保の被保険者が出産したときは、出産育児一時金が支給されます。
(他の健康保険から支給されたときは、国保からは支給しません。)
妊娠12週(85日以上)以降の死産、流産でも支給されます。
<必要なもの>
  • 印鑑
  • 出産費用請求明細書(直接支払制度を利用しないときは請求明細書兼領収書)
  • 出産育児一時金直接支払制度利用合意文書(制度を利用しないときは不要)
  • 世帯主の預金口座のわかるもの(死産、流産のときは医師の証明書)

葬祭費の支給

国保の被保険者が死亡したとき、葬祭を行った方に葬祭費が支給されます。
<必要なもの>
  • 印鑑
  • 保険証
  • 葬祭を行った方の預金口座のわかるもの

移送費の支給

重病人で移動が困難な人が、医師の指示により入院や転院などのためにかかった費用は、申請して認められたときは移送費として支給されます。
<必要なもの>
  • 医師の意見書
  • 領収書
  • 印鑑

国保のサービスが受けられないもの

診療が制限されるもの 

  • ケンカや泥酔などの病気やけが
  • 犯罪行為や故意の事故
  • 医師や保険者の指示に従わなかったとき
  • 仕事上のケガや病気(労災保険の適用)

病気やケガと認められないもの

  • 正常な妊娠、分娩
  • 経済的な理由による人工中絶
  • 健康診断、人間ドック、予防注射
  • 美容整形、歯列矯正

交通事故にあったら届出を!

交通事故などの第三者行為によって受けたケガは、原則として加害者が全額負担すべきものです。一時的に国保で治療できますが、あとで国保が加害者に請求しますので届出をしましょう。

お問い合わせ

住民課戸籍保険グループ
電話:0125-76-2130
FAX:0125-76-2785

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る