福祉・医療

トップページ  >  福祉・医療  >  介護  >  介護保険サービスの利用者負担軽減

ここから本文です。

介護保険サービスの利用者負担軽減

利用者の負担
 

 介護保険サービスを利用したときは、利用した費用の1割(一定以上所得者は2割)が自己負担となります。
 

利用者負担軽減
 

所得の額や課税状況により、負担する額が軽減される制度があります。
  1. 食費・居住費は、負担額が4段階に分かれています。
  2. 訪問介護利用者が非課税の場合は、訪問介護サービスの利用負担額が1割(10%)から9%になります。
  3. 1ヶ月の自己負担額が上限額を超えたときは、「高額介護サービス費」として超過した額が償還されます。
  4. 同一世帯内で介護保険・医療保険の利用額が自己負担限度額を超えたときは、「高額医療・高額介護合算療養費制度」の該当となり、超過した額が償還されます。

詳細については、下記をご参照下さい。

お問い合わせ

保健福祉課介護・福祉グループ
電話:0125-72-2000
FAX:0125-72-2006

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る