暮らし

トップページ  >  暮らし  >  年金  >  国民年金  >  保険料を納めるのが困難なときは  >  若年者納付猶予

ここから本文です。

若年者納付猶予

30歳未満の第1号被保険者の人で、世帯主の所得が高いために免除または一部納付の該当とならなかった方を対象とした制度です。承認されれば7月分から翌年6月分まで納付が猶予されます。

10年間は追納が可能です。当該期間は、年金の受給資格期間には算入され、未納扱いとはなりませんが、追納がなされない限り老齢基礎年金額の計算には反映されません。当該期間中に障害となったり、死亡した場合には、障害基礎年金または遺族基礎年金が支給されます。

なお、本制度は平成17年4月から平成27年6月までの時限措置です。

納付猶予の判定基準

本人と配偶者の前年所得により審査します。所得基準は、全額申請免除と同じです。

申請に必要なもの

  • 年金手帳
  • 印鑑(本人が申請する場合は必要ありません。)
  • 失業等を理由とするときは次のいずれか
    • 雇用保険受給資格者証の写し
    • 雇用保険被保険者離職票の写し
    • 雇用保険被保険者資格喪失確認通知書の写し
    • 貸付決定通知書の写し(離職者支援資金の貸付を受けた場合)
  • 前年度所得等がわかるもの(1月1日現在で新十津川町に住所をおいていなかった場合)

お問い合わせ

住民課戸籍保険グループ
電話:0125-76-2130
FAX:0125-76-2785

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る