暮らし

トップページ  >  暮らし  >  動物・ペット  >  飼い犬  >  飼い犬管理の留意点

ここから本文です。

飼い犬管理の留意点

  • 犬を飼うときは、役場への登録が必要です。また、犬の所有者が変わったとき、犬が死んだとき、所有権を放棄したときもまた役場への届出が必要となります。
  • 盲導犬、警察犬などの特別な場合を除いて、犬は常に係留しておかなければなりません。また、犬舎の内外は、常に清潔にし、衛生害虫の発生を防止するとともに、門、戸などの人の見やすい場所に飼い犬のいる旨の表示をしましょう。
  • 犬の散歩中は歩行者等に注意し、糞等は飼い主が片付けてください。特に糞の始末に関する苦情が年々増えています。
  • 飼い犬が人畜その他に危害を加えた場合は滝川保健所にご相談ください。また、危害を加えた飼い犬を処分したい場合も保健所に依頼できます。
  • 狂犬病予防の注射は、毎年受けなければなりません。
  • 野犬を見つけたら、役場、派出所または滝川保健所に通報してください。

お問い合わせ

住民課住民活動グループ
電話:0125-76-2130
FAX:0125-76-2785

飼い犬

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る