暮らし

トップページ  >  暮らし  >  年金  >  国民年金  >  国民年金の給付  >  特別障害給付金

ここから本文です。

特別障害給付金

国民年金制度の発展過程において生じた特別な事情により、障害基礎年金等を受給できない無年金障がい者の方を対象とした福祉的措置として、平成17年4月から施行されました。

支給の対象となる人 

  • 平成3年3月以前に国民年金任意加入対象であった学生
  • 昭和61年3月以前に国民年金任意加入対象であった厚生年金、共済組合等の加入者の配偶者
であって、国民年金に任意加入していなかった期間内に初診日があり、障害基礎年金1・2級相当の障害に該当する人

支給額(平成26年度)

障害基礎年金1級に該当する人:月額49,700円(2級の1.25倍)
障害基礎年金2級に該当する人:月額39,760円

・支給額は、毎年度物価の変動に応じて改定されます。
・所得によって支給制限があります。
・老齢年金、遺族年金、労災補償等を受給されている場合、その受給額相当は支給されません。

給付金の請求先

砂川年金事務所
※審査、給付金の支払事務は日本年金機構が行います。

・給付金は、請求のあった月の翌月分から支給されます。請求が遅れた場合でも遡って支給できませんのでご注意ください。
・障がい認定に必要な添付書類がすべてそろわない場合でも、まずは役場窓口で請求書を提出してください。

お問い合わせ

住民課戸籍保険グループ
電話:0125-76-2130
FAX:0125-76-2785

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る