暮らし

トップページ  >  暮らし  >  税金  >  個人住民税  >  公的年金からの特別徴収  >  特別徴収の対象となる年金は

ここから本文です。

特別徴収の対象となる年金は

対象となる年金は、国民年金法に基づく、老齢又は退職を支給事由とする年金です。
なお、年金の受給開始時期により、対象となる部分が異なります。

【昭和61年3月31日以前から年金を受給している人】 ※色つきの部分が対象となります。
昭和61年3月31日以前から年金を受給している人
【昭和61年4月1日以後から年金を受給している人】 ※色つきの部分が対象となります。
昭和61年4月1日以後から年金を受給している人

お問い合わせ

住民課町税グループ
電話:0125-76-2130
FAX:0125-76-2785

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る