暮らし

トップページ  >  暮らし  >  戸籍  >  証明  >  住民票

ここから本文です。

住民票

 住民票には、個人と世帯全員とがあります。本人または家族以外の方が請求される場合は、窓口にこられる方の印鑑と具体的な請求理由や関係書類の提示などが必要です。他人の名誉を棄損したり、プライバシーを侵害したり、差別につながる恐れのあるときは請求に応じることができない場合があります。また、代理の方が証明書を請求する際は委任状が必要な場合がありますので、事前にご確認ください。
 
住民票 家族全員または一人のもの
手数料 1通 300円
 

本人確認

 戸籍法の一部を改正する法律ならびに住民基本台帳法の一部を改正する法律により、平成20年5月1日から戸籍や住民票に関する届出や証明書の交付請求時にも本人確認書類が必要となりました。

 皆さんの住民票や戸籍などの個人情報の保護と不正請求抑止のため、ご理解とご協力をよろしくお願いします。
本人確認証の種類 掲示方法
  • 運転免許証
  • 療育手帳
  • パスポート
  • 戦傷病者手帳
  • 身体障害者手帳
  • 小型船舶操縦免許証
  • 写真付き住民基本台帳カード
  • マイナンバー(個人番号)カード
  • 猟銃・空気銃所持許可証
いずれか1つお持ちください。
  • 国民健康保険証
  • 共済組合証
  • 後期高齢者医療被保険者証
  • 年金手帳
  • 健康保険証
  • 年金証書
  • 介護保険証
  • 恩給証書
  • 写真なし住民基本台帳カード
  • 申請書に押印した印鑑に係る印鑑登録証明書
いずれかの組み合わせで、2つお持ちください。

ロとロまたはロとハ
  • 預金通帳
  • 学生証
  • 公の機関が発行した資格証明書(顔写真あり)
  • 法人が発行した身分証明書
ハとハ

でも可能です。
上記の確認書類が何もない方は、戸籍または住民票の内容についてお尋ねします。
 

郵便による交付

住民票は、郵送により請求することができます。
次の1.~7.を用意してください。
  1. 請求者の住所・氏名・続柄・生年月日
  2. 請求者の電話番号(昼間の連絡先電話番号なども)
  3. 請求する内容(通数など)
  4. 請求する目的(できるだけ詳しく)
  5. 手数料分の定額小為替(郵便局で購入)
  6. 切手を貼りつけ、自分宛てに宛名書きをした返信用封筒を同封
  7. 本人確認のため、運転免許証、写真付き住民基本台帳カード、保険証、年金手帳など(現住所の記載されているものが必要です)の写し

お問い合わせ

住民課戸籍保険グループ
電話:0125-76-2130
FAX:0125-76-2785

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る